後悔は少なめのMY LIFE

労力と金銭は惜しまないstyle

2018年推しごと始めでした

2018年あけましておめでとうございます。
新しい年になって1週間以上経ちましたが、
推しごとが始まらないことにはこの日記も更新
出来ませんもので、少し遅くなりました。
東では松の内は7日までと言われておりますが、
地元関西では15日までらしいので、とりあえず
今年もよろしくお願いいたします。


さて、2018年の推しごと始めは8日の「寄せては返すカエルエカの定点観測」というイベントでした。
推しくんが一昨年末に出演した外部作品のイベントです。定点カメラで撮った記録映像を見ながら
キャストとゲストでトークしようというイベントで
定点カメラ撮影DVDはお土産として貰えました。


カエルエカは過去の推しくん出演作品紹介の記事
でも少し触れていますが改めて。
今から100年くらい先の近未来が舞台。とはいえ
出てくる男女6人は今時の大学生。好きな女の子の
気を引くために男子達が肝試し合コンに誘い、
「カエルのうた」を輪唱したら、居るはずのない
7人めの歌が聴こえてくるという都市伝説を実証
しようとしたら、そこに1人の女の子が現れて…
というホラーぽいけどそうではないお話。
まあ女の子が既に実在しない人物である時点で
ホラーですが、決してそれだけではないんですね。
実際に起こったある災害を取り入れていて、
ここは賛否両論あるところだと思うのですが、
(デリケートな問題ですよね。最近ある舞台でも
同じようなことがありかなり批評されていたし)
人の感じ方はそれぞれ違うし、あのことについて
何も感じない人は無神経とか、どうしても取入れ
たいなら架空のものにしたらいいのにとかは一旦
置いといて。
観劇当時自分はさほど気にならなかったけれど、
こうして時間を置いて見れたことにより、
実際の事件を題材することを複雑に思われた方の
気持ちが理解出来るというか、フラットな気持ちになって見れたかなと思います。
福地さんの演出の一片に触れられ、難解なりに
色々感じることが出来たのは収穫でした。だって
推しくんを気に入って起用して下さる方の作品は
好きでいたいし分かる努力をしたいじゃない。
※カエルエカは再演ものですが、仕事の予定がなかった星璃くんに福地さんがその機会を作って下さった作品です。


意外で面白かったのが、おそらく観劇当時より
映像で見た昨日の方が客席めちゃくちゃ笑っていた
という現象。
お客はほぼ一昨年観劇した方ばかりでしたが、
これは客観的な視点と演者も側にいて一緒に見ているというその場の雰囲気が原因ではないかと。
七海とろろちゃんのブリブリ媚び媚びからの
脈なしと分かってからの豹変と、星璃くんの
好きな女の子に対するヘタレっぷりにあれだけ
笑うとは思わなかった(笑)
ちなみに福地さんによるとこの2人は何年か経って
くっつく可能性ありだそうです笑。


イベントは他にあっち向いてホイ勝ち抜き戦や
だるまさんが転んだ対決で、罰ゲームありでした。
自ら罰ゲーム進んでやってくれる星璃くんすこ
(ヤンキー化した芦田愛菜ちゃん最高でした)
推しごと始めに相応しい楽しいイベントでした。


今年もこうやって舞台やイベントで楽しく過ごせたらいいなと思う反面、自分の思い通りにならなくてもイライラカリカリしないでいたい。
いや何事においてもね。
でも自分のスタンスは守っていきたいなあ。

こんな私ですが、2018年もどうぞよしなに。
このブログ共々よろしくお願いいたします。