2017年1月

5演目11ステージ

1月8日 A NEW MUSICAL「クロスハート」(森ノ宮ピロティホール)
観劇始めは1週間ぶりのピロティホールでの(紅白パチ合戦が昨年のラスト)ジャニーズ舞台。
まあ私は中河内雅貴くんが目当てなのですが。
玉野さんが手掛けられてきた「CLUB SEVEN」の
第二部恒例のミニミュージカルを長編にリメイクしたもの。
玉野さん作のオリジナルミュージカルは割と設定が甘くてツッコミどころ多いのですが、そういうの気にしなければ分かりやすくて楽しめます。
主演の屋良くん中山くん、あまり大きくないけど舞台ですごく映える。さすがジャニーズ。
屋良くんは何度か舞台で観ていますが、中山優馬くんは初めてでした。
マサは何といっても大胡せしるさんとの絡みが見処でした。(現世も百年戦争の時も)
せしるさんは男役から娘役にチェンジされたジェンヌなので、その辺が生かされたカッコイイ女性がお似合いです。
大山真志くんはハードな玉野作品を連続で経験するのに(これの次はアルターボーイズ)、痩せる気配が全くなくていっそ潔かったです(笑)
個人的にマサとジャニーズの共演が続いているので、ENDLESS SHOCK出演も夢ではないかもしれないと思っています。


1月10日 「キャプテンハーロック~次元航海~」 中之島中央公会堂
去年の公演はちょうど東京に居たのですが推しの舞台を優先したので観に行けなくて、
満を持しての大阪公演なので行ってきました。
久しぶりに林野たけちゃんの舞台です。「紅蓮、ふたたび」以来かな。3年ぶり?
たけちゃんのハーロックはホントにカッコ良かったです。
扇けいさんのラフレシアは立ち姿からして美しくて、元タカラジェンヌ様、素敵でした。
中央公会堂の豪奢な造りと宇宙の壮大なイメージがマッチして良かったのですが、いかんせん集客が。
…公会堂のキャパに比べて空席が多すぎでした。
公演数もそれなりにあったのになあ。
もっと宣伝すれば良かったのに。あと、原作のオールドファンをもっと取り込めたらな…とか。
キャラの再現度はかなりのレベルだったので色々惜しい感じでした。


1月12~13日 舞台「刀剣乱舞 虚伝 燃ゆる本能寺」メルパルクホール
初演も観ているのですが、舞台が鏡面写しになっているということに気づいたのは、大阪公演終わってから人様のツイートからでした。
いやー末満さんが単なる再演にしないのはわかっていたけど!
これはある意味トゥルースリバース?
明智と蘭丸の台詞からの検証とか、私、初演DVD買ってないもんだから確認できなくて。
特典目当てで複数買いした方、不要であれば買い取りますよ!笑
ところで長谷部の不憫さにはたいへん萌えますね。
軍議でおでんが出たと聞いてあつあつのおでんだったら長谷部がきっと犠牲だわと思うけどそんな長谷部が好きです←


1月 メイシアタープロデュース「人恋唄~晶子と鉄幹」 メイシアター
与謝野晶子の波乱万丈な人生を描いた脚本を大熊さんが演出したらこんなんなりましたーな作品。
和装なのに壱劇屋のお馴染みパフォーマンスが溢れていました。
不要じゃないかという感想も見ましたが、逆にこのパフォーマンスがないと壱劇屋がやる意味がないので、私はこれで良かったと思いますね。
西分さん演じる晶子は彼女らしい力強さがあって素敵なヒロインでした。
石川啄木金田一京助の関係性がほんのりBL風だったように思えましたというのはここだけの話。


1月27~29日 劇団ショウダウン「ドラゴンカルト」シアターグリーンBOXinBOX
ファンタジー作品メインと聞いていたのですが、今回は現代劇のミステリーもの。
ストーリーは面白いのだけど脚本がちょっと私の中で消化しきれない感じが否めなくて…
もっと色々と生かせたのではと思うと惜しいんですよね。
(推しが演じるキャラクターの扱いとかね)
ストーリーはかなり背中が寒くなりました。
こんなこと実際起こったらめちゃくちゃ怖い!
でも起こらないとは限らないんですよね…
人狼サイコパスの組み合わせはなかなか恐ろしかったです。
3月末の大阪公演も行きますが、キャストが増えているしどのくらいブラッシュアップされているか楽しみです。

広告を非表示にする